このページはJavaScriptを使用しています。
ご使用中のブラウザはJavaScriptが無効になっているか、JavaScriptに対応していません。
サイトを正しく表示、ご利用いただくには、
JavaScriptを有効にするか、JavaScriptが使用可能なブラウザでアクセスして下さい。

英語初心者の方でも堂々とはじめられる

超基礎レベルだからと恥じることなく、堂々と中1一学期のis/do/doesレベルからスタートできる。

 

2020/11/30更新

大人を対象とした英文法講座は
東京でも大阪でもたくさんありますが

やり直し英文法といえば
一般的には中学卒業レベル、つまり高校内容を指すものが多いです。

ですが本当に
高校内容から理解できる方は
TOEIC®600点以上取得している中級レベルの方であっても、少ないのです。

 

ですが、この教室は異なります。
「英文法やり直しは、中学英語」だと言い切ります。

基礎レベルの方対象としているからこそ
中学生が実際に使用している教材を用いて授業を行います。

中学英文法学習だけで終わらず
TOEIC®対策まで一つの流れとして、基礎から丁寧に学べるのが特徴です。

 

担当講師の私自身が
「実際の中学生たちに中学英語を指導した」経験がある。

これが他のやり直し英文法スクールや教室と異なる大きな特徴です。

 

もちろん大人の基礎レベルの方に
中学英語を指導できる講師はたくさんいます。

ですが、実際の中学生たちに
英語指導をした経験のある講師は意外と少ないのが現状です。

そうなると?

初心者対象の講座であっても
中学英語3年分の内容は理解できている前提で、授業が進むのが一般的です。

「中学英語はおおむね理解できている」

この前提で授業が進むのですが、みなさんこのペースで大丈夫ですか?

 

ではここで、ご自身は中学英語をマスターしているかを確認してみましょう。

Thank you for helping me.

動名詞前置詞目的語になる」

動名詞?前置詞?目的語?

これらの内容を瞬時に理解して
だれが聞いてもわかるように説明することはできますか?

これができる方は
中学英語は理解できていて、
高校英語内容を理解できるご実力をお持ちの方だといえます。

ですがこれをスラスラ理解できているなら・・・?

ご自身は今、やり直し英文法なんてキーワードで、情報検索する必要もないはず。

そうです。

中学英語の時点でつまづいている
基礎レベルの方のほうが、世の中では圧倒的に多いのです。

動名詞?前置詞?目的語?

理解不能なお経を聞いているような感覚でしかないと思います。

実は今回ご紹介したこのアンマッチ、
大人の学びなおし(やり直し)英語の現場で見かける光景の一つです。

 

ご実力に合わない環境で学んでいても、伸びるわけがありません。

「じっと耐えたら、そのうちいつかわかるようになるかも?」

けっこうそうおっしゃる方、多いのに驚きます。

残念ながら難しいでしょう。
今まで何十年もわからなかったことを、また繰り返すだけです。

 

わからない内容に、実際のご年齢は関係ありません。

大人だからといって
カッコつけて、見栄を張ってまで
大人向けに編集された、
難解な内容で学ばないといけないということはありません。

基礎レベルだからこそ
初めて英文法を学ぶ
中学生と同じ目線の授業内容で学ぶ。

この教室ではそのような指導を行っています。