このページはJavaScriptを使用しています。
ご使用中のブラウザはJavaScriptが無効になっているか、JavaScriptに対応していません。
サイトを正しく表示、ご利用いただくには、
JavaScriptを有効にするか、JavaScriptが使用可能なブラウザでアクセスして下さい。

ライブ2022レポ|SPRING HAS COME+next 春畑道哉 大阪オリックス劇場

※英語教室のブログですが、私は37年来のTUBEのファン。時折TUBEに関連する記事を書いています。

5/8(日)大阪オリックス劇場
TUBEギタリスト春畑道哉 SPRING HAS COME +nextライブ2022レポ

この日のライブ2022レポ、取り急ぎですが、まずは完成しました!

ライブ参戦した方にとっては楽しい振り返り。
これから参戦する方は当日までの事前準備として。

そして残念ながら行けなかった方にも、楽しんでいただける内容に。

今回は各会場ごとにサプライズがあるようですよ。

何があったか事前に知っておくと便利ですし、
ご自身の会場では何が起きるかの大予想が楽しくなりますよ。

※大阪で演奏中の動画撮影が許可されたから、今後もあるだろうなー。だからスマホの充電はしっかりしておこうとか。

この私は事前にライブ関連情報は
予習してから参戦する派なのですが、中にはそうでない方もいることでしょう。

そういう方は、下記の目次を見て適当にスキップしてごらんください。

 

さてこの記事を書いた大きな理由ですが、
私がTUBEファンというのもありますが、それだけではありません。

今回の公演中に春畑さんご本人が
公演中の動画撮影公開をOKしたことが、もっとも大きな原動力になりました。

これってもっともタブーな行為なのに。
まさかこんなことがあるなんて思いもしませんでしたから・・・

ボーカルのないライブなんて意味がないと思わないでほしい。ギターインストのライブの魅力をもっと多くの人に知ってほしい。

 

私たち観客に向かって、私たちが撮影した動画の拡散を希望をお願いしていた春畑さん。

私ができることって何だろう?
YouTube動画アップ以外にできることは・・・?

そうだ、私の場合はこのSPRING HAS COME+next ライブ2022記事をガツっと書くことだと(勝手に)思って書きました。

 

 

今回のツアータイトルSPRING HAS COMEは、今年2月に開催されたビルボード大阪ライブ2022の続きとなるもの。

今回はSPRING HAS COMEに「+next」をつけた、全国ツアー。

立春明け2月のSPRING HAS COME ビルボードライブ2022で新しい季節(春)への第一歩を踏み出し、「これからさらに新しい一歩を踏み出そう」という想いをこめて「+next」をつけたそうです。

前回のビルボード大阪はもちろんすばらしかったですよ(少人数だから至近距離で春畑さんを見ることができましたから)。

ですが今回のSPRING HAS COME +nextは、それをはるかに上回りました!

前回ビルボード大阪のラストのMCでの春畑さんのことば↓

次は『もうやめて♪』って言われるぐらい弾くから(・∀・)

 

これはアカン(・∀・)。
このことばにハートをつかまれた女性のみなさん、多かったはずです(←私もだが)

「次は」がこのSPRING HAS COME +nextツアーなのですが、期待をはるかに超える内容でした。

では、ライブ2022レポを。
その前に「春畑さんって、だれ?」という方もいるかもですので、まずはご紹介も含めてGo!

※下記の目次の項目をクリックすると、そこの部分にジャンプします。

 

春畑道哉 SPRING HAS COME +next
ライブ2022レポ オリックス劇場(大阪)

TUBEギタリスト春畑道哉さんって?

「神宮球場で生演奏しながらスタメン発表したら俺は泣く自信ある」

「とても50歳には見えない。プレイスタイルもビジュアルもカッコイイ」(※現在56歳)

「誰このギタリスト?え?TUBE?TUBEにこんなすごい人いたの?知らなかった」

「演奏技術はもちろんのこと、トーン、ジャンルのレンジの広さ、作曲やアレンジ含めて総合的に日本でもトップではないか」

「ギタリストとしてもすごいが、メロディメーカーとしての才能が天才的過ぎる。ポジティブなメロディをスリリングに聞かせてくれて最高」

 ※Youtube「Juguar’13」の動画コメント欄から、引用させていただきました

 

TUBEといえばボーカルの前田さんの存在感。
それはその通りなのですが、それだけではありませんから。

「ダイナミックで情感ある、イントロ&間奏&エンディングのギターサウンド」

ガツンとインパクトある特徴的なサウンド。
多くのギタリストさんたちからも実力を絶賛されているのが、ギタリストの春畑さん。

春畑さんはTUBE以外のソロ活(ハルソロといいます)でも有名です。

TUBEの初期の頃からもう35年?
私は春畑さんのソロ初CD買ったとき、まだ高校生でした(;・∀・)。

ハルソロでの有名曲は、JリーグのOPテーマ曲(J’s Theme)、フジテレビのプロ野球の中継曲(Jaguar’13)の楽曲提供ですね。

J’s Themeはもう25年?30年近く今も起用。
Jaguar’13は神宮球場とフジテレビのプロ野球ニュースに今も起用。

サッカーや野球にも詳しくなくても、この2曲のイントロやサビの部分は一度はきっと聞いたことがあることでしょう。

J’s Theme↓

 

 

Jaguar’13↓

 

春畑さんがどこかのインタビューで答えているのですが
J’s Themeを作る時、当時20代前半の春畑さんはレコード会社のお偉い方に

お前が死んだあとも、この曲は流れるんだぞ

 

と言われたことが、今も印象に残っているそうです(そりゃこんなプレッシャーかけられたら、そうだろう)

 

 

さて春畑さんはこの少年っぽいビジュアルで、現在もう56歳・・・マジか(*_*)。

私、自分の年齢を棚に上げて言いますけど・・・

世間の56歳って普通にオッサンやで?
こんな56歳、普通おらんやん?

春畑さんはもともと太らない体型なのでしょうが、それにしてもこのビジュアルって。

このままもうプライベートは出さないほうが良さそう・・・。

私はTUBEのファンで、もうすぐファン歴37年。
要するにデビューの頃からずっと。

デビュー時の春畑さんは20歳ぐらいかな?

ですがお若い頃はもっと線が細い印象というか、
メディア映えする前田さんの陰に隠れて、目立たない印象。

私は春畑さんは断然今のほうが良いと思っています。

ギタリストとしての実績が評価されたことで
若い頃よりも色気がグレードアップしていて、存在感ありあり。

写真家のレスリーキー(「鎌倉殿の13人」メインビジュアル映像で鮮やか色の幕の上で両手を広げて立っている小栗旬を撮影した人)に、「最もSEXYなギタリストの一人」と評価されたことで魅力開花したのではないかな?

レスリーキーのフィルターを通した春畑さんはこんな感じ↓
今から5年前ぐらいの写真ですが、すでにこの時もう50代ですよ。

 

この画像見て思いますけど、ギタリストはモテるね。
モテたくてギターを始める男子たちの気持ち、よくわかります。

いやいや、これだけでは終わりません。

これだけのルックスでハードロックバリバリのキレキレのギターを弾くのに、しゃべったらキャラが違うのが最大の魅力(笑)。

永遠の弟キャラというか、母性に訴えるタイプ。
だから人気なのか(笑)。続きはこのあとに書いている「ハルさんのハラハラMC」のところで。

 

春畑さん本人より公演中の動画撮影公開OK&拡散希望が出た!


新曲 I feel free (feat.Char)

一曲のみという条件付きですが、
公演中の動画撮影が全員に許可されるという、前代未聞のサプライズ!

ツアーはすでに各地で開催されていますが、
今までだれもその話が出ていなかったということは、もしかしてこれって、昨日の大阪が初・・・か?

なぜOKなのか、その理由は・・・

★ボーカルのないギターインストだけのライブがあることを、多くの人に知ってほしい

★春畑さんにとってあこがれのギターレジェンドCharさんに楽曲提供してもらったコラボ曲(I feel free)を、ぜひ多くの人に聴いてほしい

このSPRING HAS COME +nextライブ序盤で突然春畑さんが・・・

「公演中は撮影禁止って言われていると思うけど、次の曲一曲だけは、写真や動画を自由に撮って良いです」

「個人で楽しんでもらったり、SNSやっている人はぜひUPしてください」

え?ハルさん、今、何て言った?
会場のみなさん、間違いなく目が点になっていたと思います。

私もでしたけど(・∀・)。

いや、マジで?
公演中の録音も公開も、絶対やったらアカンやつやん?

「アーティストの侵害行為」とかいうやつやん?
劇場の人、開演前に禁止のプラカード持って巡回していたで?

ほんまにええのか?
ほんまか?ほんまか?ほんまか?

春畑さんって全国区の人やで?
メディアに掲載される人やで?

TUBEもですが、Jリーグとかプロ野球とかのテーマ曲を作る人やで?

まさか楽曲作成者のご本人がそんなこと言うとは。
っていうか、TUBEのライブでは一度もないわ。

いやTUBEに限らない。
どのミュージシャンでもアカンでしょう。

あっけにとられている間に春畑さんのトークは進み、曲が始まる勢い。

大慌てでスマホを取り出してビデオ準備して・・・
撮りました。動画。

すでに多くの方がツイッターやYouTubeなどに、この動画をアップしていますので、私は少しアレンジをくわえました。

フルで4分あります。
4分モノはすでにたくさんの方が流出しているので、私は視点を変えて。

音をつなげて編集した1分30秒ぐらいのコンパクト版。動画に説明テロップを加えて編集して、ショートムービーっぽく。

テロップつけたほうがわかりやすいと思ったので、つけてみました。よろしければぜひご覧ください。

1分半なのでサクッと聴けます。
曲エンディングの終わり方がカッコイイですよ~!

※注意!気合入れて編集しすぎたのか、出だしハルさんのギターサウンドが強く出ます。音量を調整しながら聞いてください。

 

動画には「いいね」表示数は表示しない設定にしていますが、ありがたいことに今回たくさんいただいています(本当ありがとうございます!)

「みんなのI feel free見たい」と春畑さんご自身のツイッターに投稿しているので、もしかして自らYouTubeを検索して、その後みんなどれだけアップしているか見ている気がする。

私の動画も「春畑道哉 i feel free」で検索するとYouTube様に表示してもらえるので、もしかして春畑さんも見てくれていたらホンマにうれしい。

 

大阪で解禁してしまった以上、
このあと開催される神奈川でも名古屋でも東京でも撮影OKが出るでしょう。

この勢いだと最終的にとんでもない数の動画になりそうな(笑)。

あ、そうそう。ほかの方の動画を見るのもおススメです。
同じ曲でも席によって、音のクオリティや映像アングルも異なるので、面白いですよ。

 

見どころはステージ背景の映像!最新技術の映画のようなクオリティ

そうなんです!
すばらしいのは曲だけではないのです。背景の映像がとてもよかったこのSPRING HAS COME +next ライブ2022。

鮮明さはもちろん、全体的にスピード感キレッキレの映像です!

こんなライブ見たことない。
まるで最新技術を駆使した映画を見ているような錯覚になりました。

そのうちの一部はこんな感じ。
実際にはもっとありますが、私の印象に残っているものを。

曲名まで書くとネタバレになるので、まあこんな感じ(この映像だけでもわかるかもしれないけど・・・)


★お花がパーンとはじけ飛ぶもの

★英語とスペイン語?イタリア語?(英語以外の言語がわからんけどたぶんどちらか)が高速で次々と出てきて、スクリーン上でクラッシュアップするもの

★アメリカの果てしなく広大なドライブウェイにありそうな、英語の標識

★夕暮れの海辺のリゾート地(これはスロー)

★まぶしい昼かな?首都圏の高層ビルとビルの間に立って、下から空を見上げたもの

★蛍光カラーギンギンの高速道路を倍速でかっ飛ばしているもの

★「女の子の夢から限界をなくせ」
少女たちが大人になって夢を叶えるサクセスストーリーを、テロップつけたドラマ風に(これは某PVです)

★夜の始まり、首都圏のオフィス高層ビルの明かりがまばらについたもの(これもスロー)

 

一番最後に書いたこの映像はアンコールラストの曲だったのですが、とくに良かったです。

この曲をこの背景に合わせるとは想像していなかったので、新鮮。アリです。あまりのマッチぶりに驚きました。

最初夜明けか?と思ったのですが、首都圏のオフィス街の明かりがまばらにつくのは夜だと思ったので、たぶん夜の始まりかな(違うかも)

こういう映画っぽい仕立てはボーカルのない、ギターインストのライブだからこそできるのでしょう。

まるで映画を見るようなSPRING HAS COME +next ライブ2022でした。

映像が鮮明でクオリティ抜群。
このツアー終了後にはDVD発売されると思うので、これは購入してこの先何度も見たいと瞬時に思いました。

 

ハルソロ35年分。デビュー曲から最新作まで新旧織り交ぜた構成

前回のビルボード大阪と同様、基本的には新アルバムのSPRING HAS COMEからがメイン。

新CDを聴きこむのは間に合わなくて参戦しても、曲ごとの背景のスクリーン映像が映画のようにすばらしいので大丈夫。

新しい曲ばかりではありません。
もちろん、もちろん過去からのメジャー曲もたくさん盛り込んでいましたよ。

どんどん原曲からグレードアップしている(・∀・)。
ぜひ今のアレンジのもので、過去のものを集めて新CDを作ってほしいなと思います。

話は脱線しますが、
実は私、ハルソロで春畑さんが作詞作曲した「Smile On Me」を、今のアレンジで聴きたいんですよね。

 

哀しみ隠すLady Face, 振り返れないLonely Boy

 

もう35年ぐらい前の曲になる?
私がこの曲を初めて聴いた時はまだ10代だったのですが、大人っぽい歌詞とメロディラインだなあと。

前田さんが書く歌詞とはまた異なる世界だと思っていました。

作詞が前田さんではなくて春畑さんと知って、なんか納得した記憶が。

ですがこの曲はボーカルが必要になる。

次のTUBEのライブで、久々に前田さんバージョンで聴けたらホンマに最高。

※5/13追記
私のこの大妄想、いや大願望、まさか数日以内に現実化?(笑)。

大阪の次は神奈川にて開催。
この日のライブに前田さんが登場!

この曲、歌った可能性が・・・?
(ツイッター上でファンの方の投稿を見かけますが、事実確認はできず)

たぶんそうじゃないかな?とまたもや大予想。
ツアー終了後のDVDで確認できるかな?買います。

スミマセン、そうであれば結果としてネタバレになってしまいました。

 

着地点はだれにもわからない。ハルさんの唐突ハラハラMCが楽しい!

クールなビジュアル、
キレキレなギタープレイの春畑さんなのですが・・・

キャラとトークが見事にギャップ萌え。
このギャップ萌え、母性に訴えますね。だから大人気(・∀・)。

弟キャラというのでしょうか。
話し方も柔らかく人懐っこい。

本当はお話するのが大好きなのでしょうが、たぶんみんなの前でのトークは苦手?

ハルさんの会話の着地点はどこに行くか予測不可能。
このハラハラMCトークを期待してきている人たちも多いと思います(私も)

途中で「もう、だれか司会変わって♪」と言いだした春畑さん。

「今日は前田さんいないから、がんばって☆」

客先のみなさんはきっとそう思っていたことでしょう(・∀・)。

TUBEのライブやTV出演の際はほぼ全部前田さんがしゃべってくれますが、ハルソロには前田さんはいませんから(笑)。いたらそれはTUBEになってしまう。

私的にツボだったのは、この日のメンバー紹介の際にドラムのSATOKOさんに向かって

「SATOKO、何かしゃべって♪」といきなりトークを丸投げした春畑さん。

ん?これってTUBEのライブのMCでよく前田さんに、「ハル、何かしゃべって♪」と言われているのと同じ?

「山田家で讃岐うどんを食べた。おいしかった♪(会話終了)」

この春畑さんの返しに、前田さんが苦笑しながら「え?それだけ?他に?あーもう(*_*)、ハルはいつもこんな感じ(苦笑)」と言ったシーンを思い出しました。

※なぜに讃岐うどん?それは2021Blue Wingsツアー高松でのMCです。

 

ここは男子校エリアか?実は男性ファンも多い春畑さん(TUBEも)!

当初のTUBEは女性ファンが圧倒的だったと思います。

たしか今から35年前ぐらい、
というかSeason in the SunからSummer Cityぐらいまでのライブは、ほぼ女性ばっかりだった記憶があります。

デビューしてから長い間
ミュージシャンではあるけども
芸能人というか、ビジュアルを意識したタレントの方向性でのプロモーションをしていたからではないかと。

だからミリオンヒットを飛ばしたというのもありますよね。

前田さんは年々派手というかイケイケになり(・∀・)、飯島直子さんと結婚した頃がまさにその象徴かな。

ですが実際のTUBEの楽曲は夏だけじゃない!

「俺たちの人生、飛び越えようぜ!負けんなよ、行くぜ!!」という、男性が共感できるエキサイティングなものも多いのです。

だから男性ファンが多いのだと思います。
ですのでTUBEや春畑さんのライブ会場に行くと、男性率が高い!

ご夫婦連れが多いかな。
おそらく最初は奥さんがファンで、ご主人もファンになった的な。

もちろんお一人で来る男性もとても多い。
座席エリアによっては、ここは男子校か?と思うほど男性だらけの時があります(・∀・)。

30年前の男子高校生&男子大学生的な世代?
要するに今、40~50代。

だから平日夜のライブの時は、スーツ着た方も多い。

春畑さんに関しては
お若い時はカワイイ感じ、今は年齢不詳のセクシーと母性に訴えるキャラのギャップ萌えゆえ、

たしかに女性ファンが多いですが・・・
いや、決してそんなことはありませんから。

記事冒頭で紹介した「Jaguar’13」の動画へのコメントを見てわかる通り、男性ファンもかなり多いです。

「おそらくこの方、ギタリストさん?」と思える男性、私はビルボード大阪で隣になりましたから。

この日のオリックス大阪も、男性の方たちも多かったですよ。

男性はお一人で来る方が多いので
ライブ中にキャーキャー立ちあがったり、
グッズ販売に目立って群がったりはしませんので静かですが、ハートはアツいぜ!

だからこの日の公演中の動画撮影、
私以上に周囲の男性のみなさんのほうが、ガチ本気だった気がします。

特にギターやっている方にとっては、そりゃもう本当うれしいサプライズだと思います。

この動画をYouTubeにアップしているのは、たぶん男性のほうが多い気がします。

 

40分以上並んでも売り切れで買えず(涙)大人気ツアーグッズ

 

 

春畑さんのグッズはこんな感じでスタイリッシュ。
白黒ベースなので普段使いできるから、人気だと思います(わかる)

この日はツアーTシャツとスマホリングが速攻ソールドアウト。Tシャツはジャストサイズの方から先に売り切れ、その後ビッグTシャツも・・・。

そもそもみんな来るのが早過ぎるのか、
事務所さんの用意枚数(個数)が少なすぎたのか・・・(・∀・)。

購入枚数制限はなかったけど、みなさん空気読んだのか、一人で何枚も買い占めている人は私が見た時点ではいませんでした(やっぱり用意枚数の問題?)

私は地元大阪ではTUBEのライブに参戦したことがないので(←落選するから)、この現実知らんかったわ。

コロナ禍を考慮して販売開始時刻よりほんの少し前に到着したのになー。

 

 

多くの方が会場前の通路沿いに並んでいます。
人が映らないよう撮影したのですが、画像下に人の列がちらっと写っているのがわかりますでしょうか?

販売時刻は15:00でした。

コロナ禍の密はアカンやろと考慮して、10分前ぐらいに到着したのですが・・・

私は読みが甘かった・・・。

仰天レベルの超長蛇の列でした。
え、いったい何時からみんな待ってたん????

もしかして朝から?
マジか~?

私はTUBEのこの規模の大ホールでのライブに大阪では参戦したことがないので、知らなかった(落選するから)。

(大阪ではない)他会場ではここまで並ばなくてもグッズは購入できていたので、この現実に仰天。

ここから購入場所まで、40分以上並びました。

この日はとにかく暑かった~。

40分後(もっとそれ以上?)
ようやく私の購入する前の時点で、すでにジャストサイズのTシャツは全サイズ完売。

もしかして用意枚数も少なかったのではないかな?
爆買いしている方はみかけなかったし、そうではないかな?

この日暑かったから、そりゃTシャツ売れますよ。
ハルソログッズは今回もオシャレですしね。

今ロゴTは人気なので仕方ないのかもですけど、それにしてもこれは残念すぎる~。

その後の他会場でも、売り切れたモノがあったようです。

事務所さん、ツアー終了後のオンライン販売、頼みます。期待します。

 

 

 

話は戻り、この日はかろうじてビッグTシャツ(黒)とステッカーを買うことができました。

本当は顔をパッと明るく見せてくれる白にしたかったのですが、ちょっと透ける?のと食べこぼしとかの汚れが気にならない黒に変更。

あとで思ったのですが、
これだけ大きいわけですから、透けることに対して心配しなくてよかったなーと後悔。

このビッグTシャツはMですが、大きい。
イスの上に立って上から撮影して、こんな感じ。

ユニクロのレディースなら、余裕でXLサイズではないでしょうか。

このTシャツは背の高い方ならそのままストンと着て、下はデニムでOKだと思います。

ですが私は150センチと背が低い。

ロゴから下のお腹周りの部分の面積が大きいので
低身長でそのまま着ると、黒色の強さに負けて足が短く見えてしまい、バランスが悪い。。。

あー、やっぱり白にすれば良かったと思いましたが、いやいやもうそれは言うまい。

袖をクルクルと3回折って腕を見せて
スカートやパンツにちょい前インすると、ちょうどバランス取れるかなという感じ?

これから試してみます。

 

 

ステッカーは2枚入り。
赤のギターがカワイイ。おしゃれですよ!

人気の赤ギターのスマホリングが買えなかったので、
かわりにこれをこんな感じで透明ソフトケースとiphoneの間に挟んでいます。

透明ソフトケースって案外汚れるもの。

定期的に変えないと指紋が落ちず色も黄ばんで汚くなる。
交換を見越してこのシールは透明ケースとスマホの間に挟んでいます。

ギターをまっすぐ配置するとiphoneのカメラの穴にぶつかるため、中央には配置できず。まあ良しとするか。

 

2022/2 SPRING HAS COME ビルボード大阪 ライブ2022レポはこちら

お酒の飲めるところでライブするのが夢だった。その夢が叶ってうれしい。

これはこの日のライブの最初のご挨拶での春畑さんのことばです。

記事全文は下記アイコンをクリックしてごらんください↓
このビルボードライブ2022のために作られた、オリジナルカクテルSPRING HAS COMEなどの話なども書いておりますよ。

 

TUBE Official YOUTUBEから、ビルボードライブ2022の公式PVも出ていますね~

春畑 道哉 Michiya Haruhata
LIVE AROUND 2022 SPRING HAS COME -DIGEST – トレーラー

ビルボードの雰囲気にマッチ。
とにかくカッコイイです!

個人的にはチェロとギターのマリアージュが良い♪

下記アイコン↓をクリックしてどうぞ!

2022/4/27発売 新アルバム SPRING HAS COMEをご紹介♪

 

今回のツアータイトルになっているのが、この「SPRING HAS COME」。

春畑さんの11番目のソロアルバム。
ボーカルのないギターインスト(インストゥルメンタル)の世界を、たっぷりとご堪能ください♪

一度ハマるとやめらない。
やみつきになりますよ。

ですが、どうやら最近の若い世代には

「ギターの演奏をスキップしてボーカル部分だけを聴く」

ギターソロスキップという傾向があるそうです(春畑さんがライブでそう言っていました)。

いやー、それは残念すぎる。
ギターインストの良さは、ボーカルがないからこそ日常の生活シーンにすっと溶け込める。

ボーカルがないからこそ、聴く人それぞれの感性に応じて自由自在に自在に広がる。

まさにこれがギターインストの魅力ではないかと私は思います。

新曲とこれまでのハルソロの有名曲からのコンビネーションで構成されています。
ハードロック調からバラード調まで幅広い♪

ご自身のお気に入りの曲、きっと出会えます!

収録曲
Spring has come
FANTASIA ~LIFE WITH FOOTBALL~
I feel free
Promised Land
J’S THEME(Jのテーマ)~FRONTIER ver.~
ノスタルジア (at Billboard Live YOKOHAMA)
Kingdom of the Heavens
John English
Life is Beautiful
WE PROMISE
Period.

SonyMusic公式サイトより、以下引用↓

SPRING HAS COME 春畑道哉

1987年のソロデビュー以降、TUBEの活動と並行して積極的に取り組んできたギタリストとしてのソロワークは、35年のキャリアで10作のオリジナルアルバムをリリース。

1993年のリーグの発足からのJリーグオフィシャルテーマソングとしてサッカーファンに愛されている「J’S THEME(Jのテーマ)」や、プロ野球の中継テーマとして長年使用されている「JAGUAR」など、その高いメロディーセンスと独特のプレイスタイルで、一度は耳にしたことのあるインスト曲を多数世に送り出してきた。

そんなソロ活動も今年で節目の35年目を迎え、通算11枚目となるオリジナルアルバムは、昨年開幕した女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」の公式アンセム『WE PROMISE』をはじめ、「Kingdom of the Heavens」、「FANTASIA ~LIFE WITH FOOTBALL~」など、春畑サウンドと抜群の相性をみせるスポーツ系のテーマ曲を多数収録。

またアルバムへの収録が恒例となっている豪華アーティストとのコラボレーション楽曲も準備されている。

出典元URL↓
https://www.sonymusic.co.jp/artist/MichiyaHaruhata/discography/AICL-4233

もちろんituneでも購入できます♪(私はそうしました)

 

春畑道哉さんのライブチケット入手情報(発売開始時に焦らないコツも伝授)

①春畑さんご本人の公式ツイッター or TUBE Official(ツイッターやLINEをおススメ)が確実。定期的にチェックして、情報を逃さずゲットを。

春畑道哉 ツイッター(けっこうまめに更新されています♪)
https://twitter.com/HaruhataMichiya

TUBE OFFICIAL ツイッター 
https://twitter.com/tube__official

※両ツイッターとも一般公開されているので、アカウント持っていなくても見ることができます。

ですが情報はご自身から取りに行かないといけないので、ツイッターをやっていない方は、LINEでTUBE Official Siteをお友だち登録するのが良いですよ。

情報を逃しませんから(私はそれです)。
TUBEでLINE検索するとすぐ出ます(ID:tube)

 

②TUBEファンクラブ会員の方には、先行申込時期になったら事務所からメールで案内が届きます。その指示に従って各チケット会社からご購入を。チケット会社はチケットぴあかeplus(イープラス)が多いようです。

③一般枠で購入する場合は、発売時期が来たら指定のチケット会社のウェブサイトからログインしてご購入を。

春畑道哉チケット情報ページ

チケットぴあ 
https://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=11011759

イープラス
https://eplus.jp/sf/word/0000005958

※先行販売でも一般販売でも同じですが、発売開始時刻はみなさんが一斉にログインするのでインターネット回線がつながりにくくなります。

初めての方は事前に会員登録しておくと、当日焦らずにすみます(意外と入力項目が多く焦る上、ネットがつながりにくい・・・体験談)

ビルボード
http://www.billboard-live.com/
ここから各会場のページへ入れますので、春畑さんの公演日を検索してください。

※有料のビルボード特別会員にならなくても、一般枠での購入(ゲストメンバー 無料)はできますが、販売時期は一番最後になります。

※ウェブサイトの通信状況が悪く上手く動かない場合は、電話でもお席の予約はできます。

※座席名称が似ていてちょっとややこしいので(←私の感覚では)、事前にウェブサイトの会場座席図をチェックしてからご予約をするほうがスムーズです。

 

一階などの良い席は、やはり先行入手できるファンクラブの方(Riders, TUBE Mobile2種類あり)の方たちの優先になると思います。

(ホール会場にもよりますが)音に関しては上階のほうが天井から音が降りてくるので、ちょっと見え方は遠くても十分満足できますよ♪