このページはJavaScriptを使用しています。
ご使用中のブラウザはJavaScriptが無効になっているか、JavaScriptに対応していません。
サイトを正しく表示、ご利用いただくには、
JavaScriptを有効にするか、JavaScriptが使用可能なブラウザでアクセスして下さい。

水の都 美濃の国(岐阜大垣)の美しい色彩の和菓子「みずのいろ」「朝露」をどうぞ!

この教室のウェブ発信はこのホームページ以外にも、アメーバブログがあります。実はアメーバブログは2013年からやっています。

かつてはホームページとアメーバブログの両方に記事を投稿していましたが、昨年末にこの新ホームページができたことを機に、発信内容を分けました。

現在のアメーバブログは、講師の私のいわゆる日記的といいますか雑談記事(私はこれを「女子的キャッキャウフフ記事」と呼んでいる)がメインです。

「中学英語 英文法基礎やり直し」以外の、私の好きな世界の内容をテーマにしています。そういや、今回の記事のように色彩が美しいものをご紹介していることが多いかな?

(意外にも)投稿するたびにアクセスは高いので、ご興味ある方はぜひお気に入り登録して定期的にウォッチくださいね。

https://ameblo.jp/clearcolors/

さて、今回ご紹介するのはこちらの記事ですよ。日々の気分転換に美しい色彩の世界をお楽しみください。心が晴れやかになりますよ。

私はこのGWの連休あたりに、「みずのいろ」と再び出会うために岐阜県大垣まで行ってみようと思っています。

今日は東京行きの新幹線の中で偶然見つけた、美しい色彩の和菓子を2つご紹介しますね。

岐阜県大垣市にある老舗の和菓子屋さん、「つちや」さんの色彩センス抜群の和菓子、「みずのいろ」と「ASATSUYU 朝露」です。

もともと柿羊羹で有名なお店だそうですが、最近ではこちらが有名に。シャリ感のある砂糖菓子です。お色は果物の色やミントなどの天然ハーブですよ。

これら2つのお品は非常に繊細なお菓子ゆえ、通販はしておらず店頭購入のみ。そう、大垣まで行かないと買えません。

やはり全国的に人気なのでしょうね。東京・名古屋・大阪では定期的に催事販売してくださっています。今回はとても運良く、大阪堺の泉ヶ丘タカシマヤでの催事販売でやっと手に入れることができました。

まずは、みずのいろ。

これは美しい。私の素人な写真スキルでこれだけ美しいのだから、現物ははるかに美しいです!ほんまに美しすぎて悶絶レベル。見ているだけでこれから半年は幸せに暮らせる。

 

そしてもう一つは、ASATSUYU 朝露。
半透明のパッケージに包まれた姿が美しい。ああ、これってJapanese beauty!

この続きはアメーバブログにてどうぞごらんください!

製造している和菓子屋さん、つちやさんのウェブサイトへのリンクも貼っていますので美しい世界をどうぞ。この和菓子屋さんとの出会いは、まさかの偶然でした。その話もどうぞ。

https://ameblo.jp/clearcolors/entry-12448890505.html

なお、このお菓子は賞味期限1ヶ月。4/E頃に生徒さんたちと一緒にいただきます。