このページはJavaScriptを使用しています。
ご使用中のブラウザはJavaScriptが無効になっているか、JavaScriptに対応していません。
サイトを正しく表示、ご利用いただくには、
JavaScriptを有効にするか、JavaScriptが使用可能なブラウザでアクセスして下さい。

自信がなかった過去の私があのまま周囲の意見に流されていたら?

お知らせです。

来たる10/12から開講する「中学英語学びなおし英文法基礎集中クラス」(大阪)の生徒さんを追加で若干名、引き続き募集しています。

それに伴い、9/29(日)より2回目の準備講座を特別に開講します。

ということで、この秋の募集はまだ続きます(準備講座へのURLはこの記事の最後に)

引き続き、このテーマでの記事投稿も復活↓
未来の生徒さんたちへのメッセージ

今日はかつての私自身の話を。

「自分に自信がなくて、自信をつけたくてこの教室に申込んだ」とおっしゃる生徒さんたちはとても多いです。その方たちに向けて書きました。

自信がなかった過去の私が、あのまま周囲の意見に流されていたら?

今こうやって講座を募集することも、「自信をつけたい」と願ってお越しになる生徒さんたちにお会いすることも絶対にありえなかったことでしょう。

ではどうぞ。

中学・高校と6年間も英語を習ってきたのに、いまさら中学英語(英文法)にお金を出してまでやり直したいと思う人なんているのか?

これは初めてこの学びなおし英語講座を今のようなクラス形式で開講したとき、周囲から言われたことばです。

今となれば笑い話ですが、驚くなかれ。
わずか5年前の話ですよ。

あれから5年。
もちろん自分でやるべきだという考えの方も多いですが、同時に「やり直し英語(英文法)」学習はすっかり市民権を得ています。

書店に行けばドンドンやり直し英語教材の新刊が出ていて、やり直し英語を扱うスクールさんも増えています(それにしてもスクールさん、増えたなあ(・ω・))

ちなみに当時、私にこうおっしゃったのは、経営者の方だったり、あるいは英語ができる方たち。

経営のことや英語のことはよくご存知のことであっても、こういうものなんだなあとと改めて実感します。

今の私であれば、経営者さんなど周囲の声も聞きますが、まずは「来て欲しいと決めた対象層の方」たちを探してマーケティングをします。

ですが、当時の私にはそのようなことは到底思いつきませんでした。教室を運営して間もなかったし、前例がない分野ゆえ、何をどうしていいのかわからなかったのです。

そう、うちの生徒さんたちがよくおっしゃる「自信がなかった」のです、この私も。

英語講師としての指導経験はあっても、いかんせん勤め人の講師でしたから。授業はできても、集客のことまではわからないのです。

それまで教えていたのは大人ではなくて、主に現役の中高生でしたから。

とはいえ、かつての私自身が英会話やTOEIC®対策と並行して独学で中学英語をやり直した経験をしていたので、きっとやればできると思っていました。

だけど、あの時点ではまだ実際にやったことがない。やってみたいけど、経験のないものにトライするのは、どれだけ不安なものか。

うちの生徒さんたちは、ここで悪いことばかり情報収集してやめてしまう方が多いのですが、私は違いました。

私も相当自己肯定感が低いタイプでした。

ですが、そういうとき私はまずやってみます。
可能性があると踏んだことは、やってみます。

「ほらやっぱりできるわけない。馬鹿か?」

そういうことばを当時の私はまだ気にしていましたが、それよりも自分の人生を大事に生きたい気持ちが勝ちました。

何でもできるんですよ、そう決めたら。
結局、私の人生の責任を取るのは自分でしかない。

そもそも「バカか?」という否定のことばは、ほかならぬ自分自身が自分に対して言っていることばです。

ですが、もしここで私がみなさんのように、周囲のことばに負けて自分の想いを封印してしまっていたら?

今、こうやって生徒さんたちと誰ひとり出会うことはありませんでした。これだけは言い切れます。

 

なぜ今日はまた、この話を出したかというと・・・。


本当はやりたいことがわかっているのに、明確な答えが出るまではガンとして行動しない人がこんなに多いものかと。

ご自身の人生に強い制限かけたまま、やりたいことをチャレンジするという神業?荒業?に挑んでいる。

思考はシンプルにすることで成功にたどり着くのに、その真逆。頭でこねくり回して、ますます人生を難しくしている。

ぐるぐるモヤモヤすることがその方の英語学習になってしまい、肝心の勉強や目標に向けたアクションをしていない。

成功できる日なんて来ないですよ。
ますます凝り固まって、意固地になってひねくれてしまうだけ。

そんなことを繰り返す人生はもうやめて、これからは早く成功にたどり着くことを考えようよ。

女性の平均寿命、今は87歳。
やりたいことは何歳でもやれる自由と権利はあるけれど、実際にできることへの限界はあります。

歳をとってしまうことでどんどん凝り固まってしまい、残念ながら手遅れになります。

これからまだ何十年も今のまま、自己肯定感の低さを抱えた人生になる前に・・・。


人生の大きな喜びの一つは「新しいことを始める時」ではないかと、私は思います。

できるかどうかわからないことに対してある程度予測は必要ですが、「答えは常に動きながら考えるもの」ではないかと思います。

馬鹿にされたくないからと英文法知識だけをインプットしても、英語は話せるようになるわけありません。

披露する実践の場を作って自分からジャンプインしないと、英語なんて話せる日は永遠に来ないのです。

ちなみに最近お越しになる生徒さんたちのご受講理由で多いのが、「英語学習者としてスタートラインに立てるだけの自信をつけたい」というもの。

こうおっしゃるだれもが、最終的には英会話をしたいと思っているのです。

お越しになった生徒さんたちに、今日の記事で書いたことがわかってもらえる日が一日でも早く来るように、私は授業を通じて精一杯指導しています。

9/29から始まる、英文法基礎準備講座の直前対策のご案内はこちらから。

お待ちしております↓↓↓